ジョッキーブーツ基本情報カテゴリの記事一覧

ジョッキーブーツとは


最近人気のジョッキーブーツ
ジョッキーブーツというのは乗馬用ブーツの1種です。


もともとは乗馬用ブーツというと、乗馬をする時のロングブーツ。
乗馬用にデザインされたレザーブーツのことを指していましたが
今では一般的に「ライディングブーツ」として、乗馬専用ではなく
ファッションでも広く認知されていますね。

ジョッキーブーツは今ではもうファッションブーツの
一大カテゴリになっています。


ジョッキーブーツという名前だけですと競馬の騎手=ジョッキーが履く
専用ブーツかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも最近は、ロングブーツといえばジョッキーブーツ。
ブリティッシュ・スタイルやウエスタン風のデザインそれぞれに
シンプルなものが多いことからファッションとのコーディネートも
幅広くいろいろな場面に大活躍です。

ジョッキーブーツを原型としたいろいろなロングブーツがデザインされて
最近のファッションブーツの中で老若男女問わず人気を集めています。


かわいい系のファッションも足元にジョッキーブーツで
甘すぎない着こなしができますし、センスの光らせどころ。
冬場に1足は持っておきたい人気のアイテムです。

ジョッキーブーツの特徴


ファッションブーツとしてのジョッキーブーツは、「ニーハイブーツ」、
ロングブーツ」の中でもヒールがあまり高くないシンプルなブーツ
全般のことを指している印象を受けます。


乗馬愛好者からすれば盛大に異議が出てきそうですけれどもね。


乗馬といえばやはりブリティッシュスタイル!
キュロット(乗馬ズボン)やチャップス(すねからふくらはぎに巻く革製品)と
乗馬用ブーツでヨーロッパ貴族風にかっこよく着こなした立ち姿には憧れます。

ジョッキーブーツも辿って行けばブリティッシュスタイルの馬術における
乗馬服の基本アイテムの1つ。
本革製のスマートなジョッキーブーツが本来の姿でしょう。


本来のジョッキーブーツの特徴といえば、名前の由来どおり
乗馬用ブーツならではの特徴、乗馬をする時のことを考えた
特徴になっています。

乗馬の時に足元があぶみを探りやすいようにつま先は細め。
足にフィットし、鞍や馬体に邪魔にならないすっきりとしたデザイン。
編み込みについては「障害飛越競技」では認められていないことからも
ゴテゴテしていては乗馬どころではない!ということで。

最近のファッションブーツでは、そうでないものも「ジョッキーブーツ」として
売られているように見受けますが・・・・・・

ジョッキーブーツの人気


ここではファッションブーツとしてのジョッキーブーツのお話を。

ジョッキーブーツはやっぱり本革のジョッキーブーツが一番。
とはいえファッションブーツとして考えるならデイリーユースの
合皮製も重宝しますよね。

街を歩いていても、老若男女問わず乗馬用ブーツが原型と思われる
ファッションブーツを履いているのをよく見かけます。


ジョッキーブーツはミセスの間にも愛用者が増えているそうです。
その理由はおそらく、筒周りとヒールでしょう。

ジョッキーブーツは足にぴったりフィットするタイプのブーツですが
ファッションブーツとしてのジョッキーブーツでは筒周りが大きな
デザインも幅広く揃っています。
普通のブーツですと標準の筒周りが33cm〜34cmが多い中
36cmから揃っているのはありがたいところです。

ジョッキーブーツはヒールが3センチ以内のデザインが
ほとんどで、安定感があり、疲れにくいのも人気の秘訣。

足が長く見えるデザイン性に加え、疲れにくい、暖かいという
ジョッキーブーツの実用性も無視できません。


シンプルなデザインが多いですからどんな服にも合わせやすく、
タウンワークでもデートでも使える便利なジョッキーブーツ
おしゃれ用には本革製を、デイリーユースには合皮製を、
コーディネート用に1足ずつ持っておきたいところです。
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集