ジョッキーブーツを通販で


オンラインショッピング、ネットショッピングが着々と主流に
なりつつある昨今、ジョッキーブーツだってネットで探したほうが
種類もサイズも豊富でいいですね。

通販ジョッキーブーツがお手ごろに買えるサイトといいますと・・・・・・

ムトウ
RAPTY
楽天
ベルメゾン
セシール
ニッセン
IMAGE

こんな感じでしょうか?
本革であっても意外なほど格安の値段で、人気のデザインの
ジョッキーブーツを購入することができます。
いろいろなジョッキーブーツを一度に比較検討できるのが
ネット通販のメリットですね。


乗馬スタイルで優雅に決めたい時のジョッキーブーツなら
ファッショナブルで高級感漂う有名ブランドのジョッキーブーツ
1足は持っておきたいもの。

そんな時でも通販がオススメ!
セリーヌやシャネル、エルメスなどを取り扱っているセレクトショップで
探してみると、「これは!」というジョッキーブーツがみつかるはず。


通販ジョッキーブーツを買う時こそ、筒周りやブーツ丈、
かかとの高さなど、サイズ選びは慎重に、自分の足にフィットする
ジョッキーブーツを選びましょう。

ジョッキーブーツは英国風に!


ジョッキーブーツ乗馬の時の必須アイテムですから季節を問いませんし、
そもそもブーツが好きな人は、1年を通してオシャレに履いていますよね。

バリエーション豊かなデザインのブーツがある中で
ジョッキーブーツもブランドによってシンプルなものから凝ったデザインの
ものまで、イロイロあります。

せっかくのジョッキーブーツ、コーディネイトにぴったりあわせて
着こなしたいですね!

細めのジーンズや短めのパンツと合わせると軽快な着こなしになります。
ジョッキーブーツはもともと乗馬用ブーツなのですし、乗馬用手袋や乗馬帽など
乗馬風のアイテムを取り入れてまとめるのもオシャレです。

チェック柄などの英国風の服をジョッキーブーツと合わせると
かわいらしい乗馬スタイルが演出できます

乗馬はもともと貴族のスポーツ。
乗馬スタイルというと上質感や高級感が漂いますから
乗馬スタイルにまとめると年齢を気にせずにジョッキーブーツをオシャレに
取り入れることができます。

乗馬をしない方でも、ジョッキー ブーツ乗馬スタイルでファッションに
とりいれて、優雅な気分を味わってみてはいかがでしょうか?

ジョッキーブーツの選び方


乗馬用ブーツ、ジョッキーブーツの選び方には
ジョッキーブーツならではのポイントがあります。

ジョッキーブーツの特徴、足にぴったりフィットするシンプルな
デザインを最大限活かすには、普通のファッションブーツを買う
時のポイントだけでは足りません。普通のブーツを購入する時には
足のサイズ・ふくらはぎのサイズ・かかとの高さをチェックする
だけの方が多いのではないでしょうか?

せっかく乗馬用ブーツ、ジョッキーブーツを選ぶなら、
徹底的にフィット感にこだわりたいと思いませんか?
足にフィットしたジョッキーブーツを選ぶためのポイントを
考えて見ましょう。

まず、ぴったり足にフィットさせるための基本ポイントは
普通のブーツと同じ。普通のブーツの選び方というと足のサイズ、
ふくらぎのサイズの2つですが、ブーツの長さも大事なポイント。

人間の脚は左右で違うのがほとんどです。
左右の足のサイズの違いも把握しておく方がいいですね。
脚の長さも脚のサイズも目に見えて違う人は少ないにせよ
微妙なフィット感に確実に差が出ます。

最も大切なポイントは足の甲の高さなのはご存知ですか?
足の甲の高さも人によって千差万別です。
足の甲の高さがぴったり合っていないと
ジョッキーブーツの中でかかとが浮いてしまいます。

最近流行っているラウンド・トゥのジョッキーブーツであれば
ともかく、足先の細いタイプのジョッキーブーツを選ぶ場合は
足の甲の高さ、とても重要です。

ジョッキーブーツの人気


ここではファッションブーツとしてのジョッキーブーツのお話を。

ジョッキーブーツはやっぱり本革のジョッキーブーツが一番。
とはいえファッションブーツとして考えるならデイリーユースの
合皮製も重宝しますよね。

街を歩いていても、老若男女問わず乗馬用ブーツが原型と思われる
ファッションブーツを履いているのをよく見かけます。


ジョッキーブーツはミセスの間にも愛用者が増えているそうです。
その理由はおそらく、筒周りとヒールでしょう。

ジョッキーブーツは足にぴったりフィットするタイプのブーツですが
ファッションブーツとしてのジョッキーブーツでは筒周りが大きな
デザインも幅広く揃っています。
普通のブーツですと標準の筒周りが33cm〜34cmが多い中
36cmから揃っているのはありがたいところです。

ジョッキーブーツはヒールが3センチ以内のデザインが
ほとんどで、安定感があり、疲れにくいのも人気の秘訣。

足が長く見えるデザイン性に加え、疲れにくい、暖かいという
ジョッキーブーツの実用性も無視できません。


シンプルなデザインが多いですからどんな服にも合わせやすく、
タウンワークでもデートでも使える便利なジョッキーブーツ
おしゃれ用には本革製を、デイリーユースには合皮製を、
コーディネート用に1足ずつ持っておきたいところです。

ジョッキーブーツの特徴


ファッションブーツとしてのジョッキーブーツは、「ニーハイブーツ」、
ロングブーツ」の中でもヒールがあまり高くないシンプルなブーツ
全般のことを指している印象を受けます。


乗馬愛好者からすれば盛大に異議が出てきそうですけれどもね。


乗馬といえばやはりブリティッシュスタイル!
キュロット(乗馬ズボン)やチャップス(すねからふくらはぎに巻く革製品)と
乗馬用ブーツでヨーロッパ貴族風にかっこよく着こなした立ち姿には憧れます。

ジョッキーブーツも辿って行けばブリティッシュスタイルの馬術における
乗馬服の基本アイテムの1つ。
本革製のスマートなジョッキーブーツが本来の姿でしょう。


本来のジョッキーブーツの特徴といえば、名前の由来どおり
乗馬用ブーツならではの特徴、乗馬をする時のことを考えた
特徴になっています。

乗馬の時に足元があぶみを探りやすいようにつま先は細め。
足にフィットし、鞍や馬体に邪魔にならないすっきりとしたデザイン。
編み込みについては「障害飛越競技」では認められていないことからも
ゴテゴテしていては乗馬どころではない!ということで。

最近のファッションブーツでは、そうでないものも「ジョッキーブーツ」として
売られているように見受けますが・・・・・・
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集